お知らせ

2020.11.12まめ知識

実体験から学んだこと

今回は私・関根の実体験(くも膜下出血)から日本医師会の「道路交通法に基づく一定の症状を呈する病気等にある者を診断した医師から公安委員会への任意の届出ガイドライン」を学びました。

 

脳卒中190729

道路交通法(一定の病気に係る免許の可否等の運用基準)
既に自動車免許をお持ちの方が 脳卒中等を発症し 一定の病気運転再開をご希望される場合 運転免許センターで,自動車等の安全な運転に支障があるかどうかについて 適性相談 または 臨時適性検査 を行い判断すること。

 

【自動車運転再開までの流れ】

受傷→①運転再開を希望→②自動車運転に関する相談(医療機関)→③自動車運転に関する評価(医療機関)→④結果の説明・運転の危険性などの説明(医療機関)→⑤適正相談 臨時適正検査(免許センター)→⑥運転可→⑦実車評価(自動車教習所)→⑧運転再開!

 

免許再開

このガイドラインは平成25年6月に道路交通法が一部改正されたことによって設けられたもののようですが、恥ずかしながら知りませんでした^^;;

因みに、私の場合は⑦の実車評価は省略?だったのか⑤の適性検査で運転再開可となりました。