お知らせ

2019.12.12二四木会

二四木会 2019.12.12

★二四木会(にしきかい)とは、毎月第2、第4木曜日に行なっているチームS&Aの勉強会です★

 

《本日の内容》

  • 【火災保険】各種看板の引受け方
  • 【賠償責任保険】超ビジネス保険 賠償条項「財物損壊を伴わない使用不能損害」
  • 【法律・税務】横領事件での会計処理

 

看板1 看板2 看板3

(写真はイメージです)

事業向け建物には様々な看板が設置してありますが、その種類によって「特別の約定がないかぎり建物に付けた保険の対象となるもの」と「建物の保険の対象にはならないので別途保険手当てが必要なのも」とに扱いが分れます。また、別途手当てが必要なものが「建物外設備什器」なのか「屋外設備装置」なのかでお引受けが異なってきますので注意が必要です。

 

雑居ビル

(写真はイメージです)

秋永さんのパートではビルオーナーから受けたご相談で、ビル全体で急に水が出なくなり借主(飲食店)の営業が1日出来なかったことで受けた休業損害賠償請求について、事業者向け主力商品の❝超ビジネス保険❞で考えてみました。

事業活動を営む上で対物事故に備える賠償責任保険にはいくつかの種類がありますが、基本的にはどれも「他人の財物を損壊させたことによって…」という内容ですので、このようなケースではお支払い対象には当てはまらない商品が多いのですが、秋永さんがお客様にご紹介した「超ビジネス保険」にはそういう場合でもお役に立てる特約が存在します。

 

8AFC0342-B278-43DC-AEE7-B4AAB0EA9ED3

竹中先生にはよく耳にする横領事件について、会計士の立場から様々なお話をいただきました。あってはならないことですが、企業内で横領事件が発生した場合にはどのように会計処理するのか…従業員が横領した場合と役員が横領した場合とでは考え方が違うのか…今回も先生のパートは盛り上がりましたね。

 

さぁ、次回の二四木会は今年最後且つPoliteキャンペーンの結果発表です。2019年有終の美を飾るのはどちらのチームでしょうか。